南海電鉄 沿線価値向上プロジェクト

トップ プロジェクト事例紹介 高野山観光魅力向上プロジェクト

Projectプロジェクト事例紹介

高野山観光魅力向上プロジェクト

世界遺産に登録されている天空の聖地・高野山。開創から1200年以上たった現在も、心の癒しやスピリチュアルなパワーを求めて、日本国内、そして世界各国から多くの人が訪れています。「高野山観光魅力向上プロジェクト」は、そんな高野山エリアとその周りに広がるふもとエリアの新しい魅力を生み出し、発信するプロジェクトです。

関西有数の観光地である高野山ですが、若者に興味を持ってもらいにくい、リピーターの方の高齢化が進んでいるなど、課題もあります…。そんな課題を解決するため、高野山に行ったことがない方々にも響く、新しい《高野山》をつくりたい――。このプロジェクトでは、同じ想いを持つ地元の方々と一緒に、リラクゼーションやアウトドアなどの新しい要素を取り入れることで、《高野山》とその《ふもと》をより幅広い年代や志向の方々に楽しんでいただけるエリアにすることを目指しています。

①駅舎の活用

九度山駅・高野下駅のリノベーション

2019年11月、駅舎をリノベーションし、九度山駅には「おむすびスタンド くど」、高野下駅には「NIPPONIA HOTEL 高野山 参詣鉄道 Operated by KIRINJI」をオープンさせました。この2施設は、高野山観光の楽しみの1つである「参詣道歩き」をより堪能していただくための拠点としての役割を担っています。参詣道歩きのお供におむすびを食べ、歩いた後は、疲れた体を駅舎ホテルでゆっくり癒す――。このような過ごし方以外にも、今までの高野山観光にプラスして楽しんでいただけるスポットです。

「おむすびスタンド くど」WEBサイト
「NIPPONIA HOTEL 高野山 参詣鉄道 Operated by KIRINJI」WEBサイト

極楽橋駅リニューアル 「はじまりの聖地、極楽橋。」

2020年7月、電車とケーブルカーの乗換駅である極楽橋駅をリニューアル。駅構内のカラフルな天井絵をはじめとしたフォトジェニックな空間演出や内装デザインのモチーフを使った限定グッズの販売など、これまで高野山に興味がなかった方々が目を向けるきっかけとなるような仕掛けをほどこしました。さらに、「はじまりの手水舎」や「極楽鳥の願掛羽」といった体験型コンテンツも用意しています。

「はじまりの聖地、極楽橋。」WEBサイト

②プロモーション・キャンペーンの実施

「高野の休日」

2020年9月~11月、秋の来訪促進企画として「高野の休日」を実施しました。この企画では高野山とふもとエリアにおける心身の《癒し》にスポットを当て、さまざまなプレイヤーとコラボしたキャンペーンやプロモーションを行いました。たとえば、高野町とともに実施した「高野山1万人ご招待キャンペーン」やカゴメ株式会社とのコラボ企画「KAGOMEコラボ ココロとカラダのリフレッシュフェア」、一般社団法人日本コーヒーフェスティバル実行委員会と共催した「高野山とふもと ジャパンコーヒーフェスティバル」などなど…。新たな切り口で高野山の魅力を打ち出することで、沿線内外の多くの方々に高野山に興味を持っていただく機会となりました。

「高野山1万人ご招待キャンペーン」プレスリリース
「KAGOMEコラボ ココロとカラダのリフレッシュフェア」プレスリリース
「高野山とふもと ジャパンコーヒーフェスティバル」WEBサイト

そのほかにも、当社では高野山とふもとの魅力向上を目指した施策に様々な取り組んでいます。詳しくは、こちらのサイトをご覧ください!

「こうや花鉄道 天空」WEBサイト
「高野山ケーブルカー」WEBサイト
特設サイト「高野山とふもと」

これまでにふもとエリアにつくってきた新しいスポットの認知度は少しずつ高まってきています。そこで、今後は各スポットを回遊し、高野山・ふもとエリア全体を楽しんでいただけるような仕掛けを検討しています。 また、地元で活動されている方々や自治体と引き続き協力しながら、既にある観光スポットのさらなるブラッシュアップや新たな魅力の創出に取り組んでいきます。