南海電鉄 沿線価値向上プロジェクト

トップ プロジェクト事例紹介 沿線企業支援 プロジェクト アトツギ支援

Projectプロジェクト事例紹介

アトツギ支援

南海沿線にある中小企業の若手後継者(アトツギ)が家業の経営資源を活用した新規事業を考えるワークショップ「南海沿線アトツギソン」などを開催し、家業でイノベーションを起こすアトツギたちの挑戦を応援しています。

沿線企業支援プロジェクトとして初めて行った取り組みです。沿線に魅力的な仕事を生み出す方法として企業誘致やベンチャー企業の支援なども考えましたが、まずは既に南海沿線で事業を営む企業・産業が存続・発展されることを応援したいと思い、沿線のアトツギをターゲットにした「アトツギ支援」を始めました。全国的にも中小企業等の後継者不足による廃業が課題となる中で、沿線のアトツギが家業を継ぐことを前向きに捉え、新しいチャレンジを始めることを応援する取り組みです。

南海沿線アトツギソン
2019年8月、一般社団法人ベンチャー型事業承継大阪府事業承継ネットワークと共に、家業を活用した新規事業を考えるワークショップ「南海沿線アトツギソン」を初開催。2020年12月に開催した第2回は和歌山県事業承継ネットワークも主催に加え実施し、沿線のアトツギが新しいチャレンジを始めるきっかけの場、同年代同エリアのアトツギに出会い刺激を受ける場になっています。過去のアトツギソンの参加をきっかけに、家業でのイノベーションに挑戦を続けるアトツギたちも生まれ始めました。

「南海沿線アトツギソン」WEBサイト
「南海沿線アトツギソン vol.2 in和歌山」WEBサイト

これまでは志あるアトツギたちがイノベーションのスタートラインに立つための支援に取り組んできました。そこで、次のステップとして、「南海沿線アトツギソン」を機に新しいチャレンジを始めたアトツギに対し、アイデアの事業化やビジネスマッチングなどの支援を行っていきたいと考えています。